体重減少とは

女性にとって、体重減少という言葉は、いいことと捉えられがちです。場合によっては、体重減少が体の状態を悪くしている結果起きていることという場合もあると言われています。予定どおりのダイエットを行い、結果として体重減少をしたのなら、問題はないでしょう。特にダイエットなど食事制限などをしていないのに、体重減少をしてしまう場合には、体調の面から見るとあまり良いサインではないと言われています。カロリーをたくさん使う時や、摂取するカロリーが多くない場合は、体脂肪をエネルギーとして消費するため体重減少があります。なぜカロリー補給が途絶えるかは時によります。外的な理由や意図的な理由だけでなく、精神的な理由で食事が喉を通らないこともあります。病気になると、食事が欲しくなくなったりします。仕事の関係で体を動かす機会が増えたとか、スポーツジムに行くようになった等の理由で体重減少が起きているという人もいるでしょう。食べたものがうまく消化吸収されていない場合でも、体重減少の可能性があります。体内吸収がうまくできないというのは、体調が悪くなることで消化器官の働きが衰えて、栄養が体内に入ってきても、うまく吸収できないために体重減少が起こる事があります。なぜ体重減少がしているかわからないけれど、事実として体重が減っているという場合は、自分の体に問題が発生していないかをしっかり見極めることです。重篤な疾患があるために体重減少が起きているという可能性もありますので、軽視しないようにしてください。

体重減少とストレス

なぜ体重減少が起きるのか、把握しておくことはとても大事です。心当たりがないのに体重減少がある場合、どうしてなのかを突き止めることです。現代人の体調不良の要因には、ストレスが密接に関わっていることか多くあります。急に身辺環境が変わったり、職場で行き詰まったりなどで、ストレスが積み重なることがあります。交感神経の働きは、ストレスを受けつづけることで強くなりすぎてしまいます。胃の消化吸収を促す働きをする副交感神経の働きが鈍くなります。副交感神経の働きが正常でなくなると、食欲がなくなってしまうのです。精神的な要因で消化力が下がると、体重減少だけでなく、それ以外のデメリットも起きます。お腹を下しやすくなったり、胃炎や胃かいようになるなど、消化が十分にできないことへの弊害が出て来たりします。無自覚なままにストレスが蓄積していて、それが食欲低下や消化機能の低下を招き、体重減少に結びついているという可能性もあります。案外と、ストレスを蓄積させているという自覚を持っていない人もいます。人によっては、目の当たりにしている問題が大きすぎて、ストレスを認識できていない人もいます。疲れすぎてしまって、体調管理をするような余裕もエネルギーも無い状態に陥っている事も考えられます。家事や職場環境のことばかり見ていて、自分のことがおろそかになる人もいます。体重減少を放置していたために、深刻な問題を見逃していたといううこともありますので、体重減少が起きたら、まずは根本要因を調べてみることが重要です。

体重減少と疾患

精神的な理由や、ダイエットの他にも、体重減少が発生することがあるといいます。体調を崩すなどして、体重減少が起きるということがあると言われています。体が食事を受けつけなくなる拒食症になって、体重減少が起きることがあります。体重を増やしたくない気持ちなどが原因で起きます。拒食症になれば、極端に摂取カロリーを減らしたり、食べたものを吐いてしまったりして、体重が増える事を極端に抑えようとする症状があらわれます。体重減少を目的に、必要もないのに下剤を使う人もいます。拒食症は体に害があると理解していても体重減少を続けるので、不整脈が原因で突然死をするようなケースもあるようです。糖尿病にかかって、体重減少が発生する人もいます。血糖値は、食事をすると上がる血中の糖の量のことです。血糖値が上がりすぎると、インシュリンが分泌されて正常値まで戻ります。糖尿病になると、血糖値を下げる機能が弱くなってしまいます。糖尿病にかかった人は、体重減少や、喉が渇きやすくなるといいます。体重の減少を引き起こす原因として考えられる疾患は、慢性胃炎、胃がん、吸収不良症候群のほか、うつ病などいろいろなものが考えられます。体重減少は、起きたからといって絶対に治療が必要な病気になっているとは断言できません。原因に心当たりがない体重減少が続いた場合は、まずはしっかりと状況を認識し、自身の体がどんな状況になっているかを確認するところから始めるようにしましょう。